白色申告のメリット・デメリットって?

MENU

白色申告のメリット・デメリットって?

白色申告は年に一度行う確定申告の方法で、メリットとデメリットが存在します。
白色申告のメリットの大きなものとしては、帳簿をつけなくてよいということです。
売上規模が小さく、経理処理に時間をかけたくない場合にはとても有効な申告方法だといえるでしょう。
また、最近増加している主婦で在宅副業を行っている方などは、毎日の現金の動きや決算を行うことはとても大変なので、帳簿を必要としない白色申告が役に立つのではないでしょうか?他にも、白色申告では、税務署に提出する書類が少ないので、申告の手間も少なく済むということも考えられます。
しかし、白色申告にはデメリットも存在します。
白色申告のデメリットは、帳簿をつける必要がないため、帳簿などが不十分な場合に税務署自らが納税者の所得を推計して、課税されるケースもあるということです。
最低必要書類がなければ、税務調査で高額な課税をされても文句をいうことができません。
また、白色申告の場合、最大65万円を所得から控除できないというデメリットがありますよ。
さらに、FXで損失を出したとしても、翌年以降の儲けから損失を差し引くことができないというのも、白色申告のデメリットです。
白色申告は申告書類が簡単な分、青色申告に比べて税金面で得をすることが少ないと考えることができるでしょう。
白色申告のメリットやデメリットをよく知った上で、確定申告の種類を検討すると良いのではないでしょうか。

関連ページ

青色申告のメリット・デメリットって?
確定申告をするときには、わからないことがたくさん出てくるでしょう。そんな時に確定申告の相談を受けてくれる窓口があります。ここではどんな人が確定申告をする必要があるのか、実際に確定申告をすることになったらどうすればよいのかなどを紹介しています。
電子申告のメリット・デメリットって?
確定申告をするときには、わからないことがたくさん出てくるでしょう。そんな時に確定申告の相談を受けてくれる窓口があります。ここではどんな人が確定申告をする必要があるのか、実際に確定申告をすることになったらどうすればよいのかなどを紹介しています。