電子申告のメリット・デメリットって?

MENU

電子申告のメリット・デメリットって?

電子申告は、インターネットを使って納税ができるシステムです。
最近は、電子申告で納税を行う人も増えてきたと言われていますが、電子申告にはメリットやデメリットが存在するので、覚えておくとよいでしょう。
電子申告は、電子申告証明書を取得し、開始届を提出して、さらに、利用者識別番号を取得するなどの準備の手続きが必要となりますが、手続きをすることで得られるメリットもあります。
電子申告のメリットは、5千円の税額控除があるということや、個人の確定申告ならば24時間対応しているので、申告期限間際でもあわてて税務署に行かなくてもいいという点です。
忙しい人にとっては、嬉しいメリットだといえるでしょう。
また、インターネットでの操作なので郵送料は必要ありませんし、個人の確定申告の場合は還付金の支払いが早くなるというメリットもありますよ。
他にも、納税証明書の交付請求を行うと手数料が安くなったり、金融機関によっては借入金利が優遇されるなどのメリットもあると言われています。
電子申告のメリットに対して、デメリットは電子申告で納税する場合には、利用料のかかるインターネットバンキングを利用しなくてはいけないということです。
それに、パソコンに詳しくないと手間がかかってしまうだけでなく、ICカードを用意したり、余分な費用もかかってしまいます。
これらのメリットやデメリットを考えて、電子申告を利用するか検討してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

白色申告のメリット・デメリットって?
確定申告をするときには、わからないことがたくさん出てくるでしょう。そんな時に確定申告の相談を受けてくれる窓口があります。ここではどんな人が確定申告をする必要があるのか、実際に確定申告をすることになったらどうすればよいのかなどを紹介しています。
青色申告のメリット・デメリットって?
確定申告をするときには、わからないことがたくさん出てくるでしょう。そんな時に確定申告の相談を受けてくれる窓口があります。ここではどんな人が確定申告をする必要があるのか、実際に確定申告をすることになったらどうすればよいのかなどを紹介しています。