確定申告をソフトでやるほうが簡単?(やよい青色申告など)

MENU

確定申告をソフトでやるほうが簡単?(やよい青色申告など)

確定申告を行うためには、会計ソフトを使うと便利です。
確定申告で青色申告を行う場合、「正規の簿記の原則に従った帳簿の記帳」が必要になります。
「正規の簿記」の条件は、帳簿に一定の方式で組織的に、事業活動の全てが記録されており、領収書や請求書などでその帳簿の記録が全て検証可能であることです。
そして、正規の簿記の原則に従った記帳方法の一つが、「複式簿記」による記帳になります。
青色申告を行おうとする人の中には、複式簿記という言葉を知らない人も少なくないでしょう。
それに、複式簿記で記帳する作業には知識が必要となるため、青色申告を諦めてしまっている人も多いようです。
しかし、難しく手間のかかる簿記の帳簿、素人には大変困難となる申告の手続きも、やよい青色申告ソフトなどの会計ソフトを使うことで、簡単に青色申告を行うことができるようになりますよ。
やよい青色申告ソフトでは、簿記の知識がなくても帳簿をつけることが可能となり、誰でも複式簿記をつけることできるようになるのです。
複式簿記をつけることができると、青色申告で最高額65万円の控除を受けることも可能となる他、お金の管理もしっかりと出来るようになるでしょう。
パソコン操作に自信がないという方でも簡単に使えるように操作はマウスが中心で、必要項目を入力するだけなので、仕訳がよくわからない方でも安心です。
会計知識がなくてもソフトの機能で、スムーズに作業が出来るように工夫されているものもあります。
青色申告をするならば、やよい青色申告ソフトなどを利用して簡単に申告し、賢く節税しましょう。

関連ページ

確定申告と住民税、保険料との関係性とは?
確定申告をするときには、わからないことがたくさん出てくるでしょう。そんな時に確定申告の相談を受けてくれる窓口があります。ここではどんな人が確定申告をする必要があるのか、実際に確定申告をすることになったらどうすればよいのかなどを紹介しています。
確定申告時に入れられる経費とはどんなの?
確定申告をするときには、わからないことがたくさん出てくるでしょう。そんな時に確定申告の相談を受けてくれる窓口があります。ここではどんな人が確定申告をする必要があるのか、実際に確定申告をすることになったらどうすればよいのかなどを紹介しています。