副業の確定申告の注意点って?

MENU

副業の確定申告の注意点って?

最近では、インターネットの普及によって、資本金や設備費用、仕入費用などが無くてもPCが1台あればネットショップが開設できるようになりました。
その他にも、アフィリエイトや入力系のSOHO業務を簡単に開始することもできるため、場合によっては副収入の方が本収入を上回るケースさえあるようです。
もちろん、そのような場合には確定申告をしなければなりません。
しかし、確定申告をしたら、せっかく稼いだ雀の涙ほどの収入のほとんどを税金として持って行かれるのではないか?とか、会社に副業がバレてしまう。
もしくは、確定申告なんて難しそう。
あるいは、本職があるので確定申告に出かける時間なんてないなどと考え、最終的には、確定申告しなくてもどうせバレないと思ってしまう方もいるかもしれませんね。
でも、それは大きな間違いですから、しっかりと知識を身につけて、必要な確定申告は行うようにしましょう。
まず、サラリーマンの場合、総収入−経費の実質収入が20万円までは確定申告の必要がありません。
PCなどの設備費用や通信費、光熱費、事務所(自宅)賃貸料、資料代など、仕事に必要なものに使用した経費を引いて、20万円以下なら確定申告の必要がないのです。
必要経費を差し引いた副業による収入が、20万円を超えてしまったら確定申告が必要になります。
また、会社に副業がばれたら困るという人は、確定申告の際に、住民税の欄で普通調整にチェックを入れましょう。
そうすれば、住民税の支払通知が会社に行かなくなります。
ただ、住民税によって副業がばれることは無くなりますが、逆に住民税の通知が会社に届かないということで不信がられる可能性はあるかもしれません。

関連ページ

転職、退職時の確定申告の注意点とは?
確定申告をするときには、わからないことがたくさん出てくるでしょう。そんな時に確定申告の相談を受けてくれる窓口があります。ここではどんな人が確定申告をする必要があるのか、実際に確定申告をすることになったらどうすればよいのかなどを紹介しています。