確定申告をしないでおくとどうなる?

MENU

確定申告をしないでおくとどうなる?

もし、源泉徴収が行われる本業以外に副収入があった場合、または、自営業で源泉徴収がない場合、確定申告を行わなければなりません。
確定申告とは、収入に応じて税金を課す額を判定し、税金徴収を行うための手続きです。
おそらく、多くの人は「確定申告を行うと損する」と思っていることでしょう。
実際、確定申告によって税額が決められて徴収されるわけですから、収入によっては多額の支払いが生じるのは間違いありません。
ですが、その支払いをしなかったり、確定申告をしなかったりすると、それは脱税となります。
当然ながら、脱税には罰則があります。
5年以下の懲役、もしくは、500万円以下の罰金です。
脱税した場合、その脱税額を支払えば済むというわけではありません。
支払うべきだった税金には、「遅延利息」と「加算税」もプラスされます。
国の利息は大変高利だということをご存知でしょうか?提出日から2ヶ月を超えると、年14.6%も掛かってきますから、その脱税額によっては莫大な金額になります。
個人で行っている副業の場合、まずバレることはないと高を括っている人も多いため、確定申告を行わない個人事業主が増えているようです。
でも、最近では、オークションなどで収入をあげている個人事業主の多額の脱税事件が時々ニュースになったりしていますね。
特に、オークションなどは昨今では税務署が見張っているとも言われているのです。
ただし、個人の脱税が発覚する多くは密告によるものです。
身近な人から妬まれて税務署に密告されるケースが多いそうなので、確定申告は必ず行い、安易に副収入を自慢しない方がいいでしょう。

関連ページ

どんな人が確定申告をしないとだめ?
確定申告をするときには、わからないことがたくさん出てくるでしょう。そんな時に確定申告の相談を受けてくれる窓口があります。ここではどんな人が確定申告をする必要があるのか、実際に確定申告をすることになったらどうすればよいのかなどを紹介しています。
確定申告をするとお金が返ってくる場合がある?(還付金)
確定申告をするときには、わからないことがたくさん出てくるでしょう。そんな時に確定申告の相談を受けてくれる窓口があります。ここではどんな人が確定申告をする必要があるのか、実際に確定申告をすることになったらどうすればよいのかなどを紹介しています。