どんな人が確定申告をしないとだめ?

MENU

どんな人が確定申告をしないとだめ?

確定申告は、一年間に得た所得と、その所得にかかる税金を計算して申告するものです。
では、どんな人が確定申告をしなくてはいけないか、ご存知ですか?
確定申告が必要なのは、主に個人事業者や不動産賃貸をしている人です。
個人事業者や不動産を賃貸している人は、所得の合計から所得控除を引いて計算した税額が、配当控除よりも多い時には確定申告が必要となります。
また、その年の給料収入が2000万円を超えているサラリーマンや、副収入があり、副収入の合計が20万円以上ある人も確定申告をしなくてはいけません。
給料収入が2000万円を超えている人は、年末調整を受けられないことになっているため、給料収入のみであっても確定申告をしなくてはいけないのです。
それに、副収入が20万円以上の人は、必要経費を差し引いた残りの収入が20万円以上の時にのみ、確定申告が必要となってきます。
一般的なサラリーマンの場合、退職所得がある場合でも書類を出すことで会社側で正しい額の源泉徴収を行ってくれるので、多くの人は確定申告の必要はないと言われています。
しかし、一年の途中で退職した人は自分で確定申告する必要があるのです。
株式などで買取益が発生した人やゴルフ会員権を売却した人、マイホームを売却して利益が出た人や損失があった人も確定申告が必要となることがあります。
確定申告が必要になる人は、早めに準備をして、確実に確定申告を済ませるようにしましょう。

関連ページ

確定申告をしないでおくとどうなる?
確定申告をするときには、わからないことがたくさん出てくるでしょう。そんな時に確定申告の相談を受けてくれる窓口があります。ここではどんな人が確定申告をする必要があるのか、実際に確定申告をすることになったらどうすればよいのかなどを紹介しています。
確定申告をするとお金が返ってくる場合がある?(還付金)
確定申告をするときには、わからないことがたくさん出てくるでしょう。そんな時に確定申告の相談を受けてくれる窓口があります。ここではどんな人が確定申告をする必要があるのか、実際に確定申告をすることになったらどうすればよいのかなどを紹介しています。